台湾風俗「拔き打ち檢查」対応〔台湾風俗初心者入門ガイドについて〕

皆さんは警察のお世話になりたくないですよね?

ではどうすればよいでしょうか?

夜遊びしていて気になるのは拔き打ち檢查に遭遇することですよね。

結論を先に言ってしまうと、台湾では、許可を得ているお店なら、警察が検査にきても、日本人は捕まることはありませんので心配しすぎないでくさい。

ここでは、現地筋から仕入れた実際の警察の検査の仕方と、その対処方法についてご紹介していきたいと思います。日本と変わらない程度に注意した方がよろしいかと思います。

台湾警察の検査の仕方:

台湾風俗のプレイ中に、警察のアプローチに遭遇したとします。

前提:

台湾の風俗店には、事業者登録証明書がありますので、警察の定期検査(チェックだけ)は、神経質に心配する必要はありません。

たとえば、警察は女性や未成年者または台湾人以外の不法滞在の外国人に狙いを定めているため、日本人は簡単な証明(運転免許証など)を持っていれば、警察は逮捕まではしません。そして検査の情報も記録しません(台湾人も記録しません)。

そもそも、警察は月に1回程度しかチェックしにこないので、検査されうる可能性は非常に低いです。

検査方法:

警察が現場に到着する約5分前に、お店のママは事前に書類を準備し、風俗孃を集めるためにホールに行かせます。平均検査時間は約20分で、その間の消費時間はサービスに追加します。

1ホール検査

風俗孃に身分の本人確認のためにホールに集められている間、お客さんはまだボックスで飲み続けることができます。

2ボックス検査

席まできて警察がチェックすることがあります。しかし、これは主に男性の台湾人を対象としており、ほとんどの場合、身元が犯罪者であるかどうかを確認しています。警察のポータブルコンピュータには、外国人の情報がないため、ほとんど証明書を要求しません。

対応方法:

1ママは5分前に通知されるため、慌てずプレイしてください。

2一時検査の間、ボックスを休憩し、携帯電話を使用して、影響を受けずに飲んでください。

3関連する台湾の法律の保護により、情報は残されません。お気軽にご利用ください。

4ママが費やす時間を補います。

5検査の終了後、同じ女の子がお客と幸せな時間を過ごすために戻ってきます。

ということです。

とはいえ、いきなり警察が乗り込んで来たら、正直ビックリですよね。しかし、慌てないで対応しましょう。挙動不審になるとむしろ逆に怪しまれますので。

ライン友達募集中

Line ID : akira2818

人氣記事

なぜ店舗式のほうが安全ですか?

Leave a comment

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。